バードブロッカーの施工方法

現場に応じて選べる専用金具と加工性に優れたフェンスにより、
瓦などさまざまな屋根にフレキシブルに対応。
フェンスは適度な硬さで、切ったり曲げたり現場合わせが容易です。

フック金具の施工方法

割り付け

割付図

フック金具はフェンス1枚に約34cmピッチで使用します。

  • ※フック金具は、一度取り付けると再利用できませんので、設置の際はご注意ください。
  • ※フック金具を使用した場合、太陽光機器のメンテナンス等でフェンスを着脱する際には、改めてフック金具、フェンスをご用意いただく必要があります。

フェンスにフック金具を差し込みます。

金具を引っ張り、フックをフレームに引っ掛けたら、ストッパーを押し込んでフェンスを固定します。

固定したら、余ったフック金具をカットします。

メンテナンス時のフック金具の取り外しについて

メンテナンス箇所のフェンスをカットします。

フェンスを上に折り曲げます。

フックを外して引き抜きます。

伸縮金具の施工方法

割り付け

バードブロッカーを設置する割り付けを考えます。1m以内の間隔、またはコーナー部にバランスよく金具を配置します。
パネルのサイズはメーカーによって違いますので実際の割り付けは現況に応じて対応してください。

取り付け場所の隙間寸法【A】を測る(割付状況によっては架台レール下【B】又は化粧カバー下【C】に取り付ける場合があります)。

伸縮金具の両面テープの剥離紙を剥がし、最大1m間隔およびコーナー付近に設置してください。

図の通りフェンスを取り付けます。この時、フェンス下部の余った部分は、曲げながら外へ流してください。

ワンポイント

瓦屋根など凸凹がある場合は、伸縮金具の底部を湾曲させて設置・接着します。
フェンスは金切りバサミやニッパーで切り込みを入れ、隙間ができないよう注意して外へ流します。

  • ◎伸縮金具が立てられない場所はスライド金具を使用することで設置が可能です。
  • ◎取り付け場所の清掃を十分に行った上で作業してください。
  • ◎本製品のご利用の際には、取扱説明書をよく読んだ上でご利用ください。

鳥害対策(鳩対策・カラス対策など)のご相談・お見積り

ご不明な点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

078-907-1100

受付:平日9:00~17:00