ハトワイヤーの施工方法

直径32mm以上のパイプにカンタンに設置可能。
ハトワイヤーの部品は施工性に配慮したシンプルな構成なので、
初心者の方でも、取扱説明書を見ながら施工することができます。

支柱ベースにステンレスバンドを通し、パイプに巻き付けます。

余ったステンレスバンドをカットします。この時、カット面がバックル内に収まるようにすると安全です。

ポールをベース部にねじ込み、ナットをレンチ等でしっかりと締め付けます。

ワンタッチスプリングの施工方法

少し余裕を持ってワイヤーをカットするだけで準備完了。

ワンタッチスプリングにワイヤーを通す。

ポールに引っ掛けます。
テンション調整は、ワイヤーを引っ張っると締まり、突起を押しながらワイヤーを戻すと緩みます。最後に余ったワイヤーを切断して完成。

スリーブ・スプリングを使用した施工方法

ワイヤーの先端をスリーブに通して輪を作ります。ワイヤー先端でケガをしないようにご注意ください。

スリーブをしっかりかしめます。ワイヤーが抜けないように強くかしめてください。

かしめた状態です。

輪をスプリングに引っ掛けます。スプリングから外れないように、スプリングの先端を軽く折り曲げます。

支柱にスプリングを引っ掛けます。支柱に引っ掛けたスプリングの先端も少し曲げて外れにくくします。2段張る場合は、下の段にも同様にワイヤーを張ります。ワイヤーは絡まりやすいので、取り扱いには十分注意してください。
※ワイヤーは強すぎず、弱すぎず、適度なハリ感で張ってください。

支柱にスプリングを引っ掛けます。
適度なテンションを保持させながら、反対側の支柱にもう一方のスプリングを引っ掛けます。

2段に張る場合は下の段にも同様にワイヤーを張ります。

最後に、ワイヤーの張り具合を指で確認して、問題がなければ設置完了です。ワイヤーは弱すぎず、強すぎず、適度なハリ感で張ってください。(引張強度:約1kg)

割り付け

<10m分の設置例>

一直線に設置

終端部には必ずスプリングを使用してください。

コの字型に設置

コーナー部と終端部には必ずスプリングを使用してください。

2m間隔で支柱を立て、ワイヤーを張っていきます。スプリングは4mごとに使用してください。
例えば4mの場所に支柱を3本使って設置する場合、中央の支柱は穴にワイヤーを通すだけで大丈夫です。ただし、L字型やコの字型にワイヤーを張っていく場合は、コーナー部分には必ずスプリングを使用してください。また、終端部の支柱にも必ず支柱を使用してください。

必要数量の目安

2m 10m 20m 50m 100m
1段張りの場合 支柱 2本 6本 11本 26本 51本
ワイヤー 2.5m 11m 22m 55m 110m
スプリング 2個 6個 10個 26個 50個
2段張りの場合 支柱 2本 6本 11本 26本 51本
ワイヤー 5m 22m 44m 110m 220m
スプリング 4個 12個 20個 52個 100個
  • ※スプリングは、スプリングまたはワンタッチスプリングのいずれかとなります。スプリングを使用される場合は、スリーブを同数ご用意ください。
  • ※ワイヤーのm数は、10%多めに計算しており、上記表はあくまで概算です。実際の現場に応じて算出した個数をご注文ください。
  • ※詳しい設置方法については、取扱説明書をお読みください。
  • ※商品の外観・仕様などは商品改良のために予告なく変更することがありますので、予めご了承ください。

鳥害対策(鳩対策・カラス対策など)のご相談・お見積り

ご不明な点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

078-907-1100

受付:平日9:00~17:00