太陽光パネルのフン害・騒音対策

納入製品
バードブロッカー
設置場所
戸建住宅 兵庫県内 個人宅 M様邸
施行日
2018年7月
目的
鳩(はと)対策

こちらの住宅は川の近くということもありハトなど鳥がよく屋根に止まる。ソーラーパネルを設置してから3年程でハトの被害を受けた様子。対策としてバードブロッカーを設置。

止め金具はフェンス取付け前に設置します(1時間後フェンス取付け)。
※今回、パネルと屋根の隙間高さが100mm以上あったため、伸縮金具は職人さんが予め用意された長さ120mmのM6皿ネジに組み替えて設置されました。

上記の理由で伸縮金具の皿ネジが長くなったため、フェンス強度を補うためにスライド金具も併用。

※屋根の段差や架台レールなどの突起を避ける様にフェンスをカット・加工し、取り付けることができます。

お客様の声

太陽光パネルを設置してから3年でハトが来るようになりました。
特に5~6月頃はハトの来る頻度が高く鳴き声と糞に悩まされたので、最初は樹脂ネットを付けてもらいましたが2年で破けてしまいました。
そのネットがちぎれたので、同じ業者に問い合わせて付け直しを依頼したところ、足場を組みネットを張るだけで20万円以上かかると言われました。
それだけの金額を出すのであればもっと耐久性が高い商品を…と自力でネット検索し、「バードブロッカー」を見つけました。
コーユーさんに問い合わせたところ、施工店さんも紹介していただきました。しっかりした商品で、工事費のコストパフォーマンスも良かったのでとても満足しています
今回はお暑い中工事して頂きありがとうございました。早く対応して下さったので大変助かりました!

弊社のコメント

今回バードブロッカーを設置させて頂きました現場は既に鳩対策をされていたということで、ソーラーパネルの隙間に樹脂ネットが設置されていました。
樹脂ネットは紫外線と風圧で既に何箇所か破けており、そこからハトが中に侵入していました
調査の結果、使用したバードブロッカーの部材は「伸縮金具(皿ネジL)×39個、スライド金具×13個、フェンス190×26枚」という内訳になりました。
今回の現場では職人さん2名で施工して頂き、既設ネットの撤去も含め5時間かかりました。
お客様には普段見て頂くことができないソーラーパネル上側の設置写真もご確認頂き「綺麗に付いている」と喜んで頂きました。
このたびはありがとうございました。